CHECK

レジンテーブルの基礎知識!魅力・製造工程・メンテナンス方法などを徹底解説

レジンテーブルとは、巨木から切り出した一枚いたの木材の亀裂や筋などに着色したレジンを流し込んで一体化させたテーブルのことです。レジンに色合いを加えることでマーブリング状に色が広がり、すべてが違った独特の美しさがあります。レジンテーブルの基礎知識としては、日本国内では良質なレジンを入手できない状況が長く続いていたので、国内での清掃は困難だったという点をおさえておきましょう。現在では良質なレジンが入手でき、国内でも作る環境が充実しています。

近年人気が高まっているレジンテーブルとは?

レジンテーブルとは、主に趣のある無垢の板を並べてその間に特別な樹脂(レジン)を流し込んで研磨したテーブルのことを指します。この時に流し込む樹脂の色は透明なものから鮮やかな青、緑、茶色など様々な色から選ぶことが出来ます。また、木の種類も国産広葉樹から輸入材まで選択することが可能です。このように、使用する樹脂の色や使用する無垢板によっても様々なデザインのものを制作することが可能になります。 このレジンテーブルの使い道としては、ダイニングテーブルの他、デスク、バーカウンターなどたくさんの用途で使用することが出来ます。このテーブルのメリットは、大断面の木材を使用しなくても大きな無垢材のテーブルが作れるという点にあります。また、テーブルには不向きなやわらかい針葉樹もテーブルとして積極的に使用することが可能な所も魅力と言えます。現在、環境問題等で木材の需要が高まっている中、大断面の木材の値段は高騰し、供給量も減少しています。そんな中、レジンテーブルは特別な樹脂によって木材を一体化したデザインで無垢のテーブルを作れることから、リーズナブルで人気が広まっています。更に、通常無垢板のテーブルの場合には、状態のいい木材を用いますが、レジンテーブルの場合には、虫食いなどがあってもそれをデザインとして利用することも出来ます。

高いデザイン性など様々な魅力があるレジンテーブル

レジンテーブルとは、一枚板にエポキシ樹脂であるレジンを流し込んで一体化したテーブルのことです。レジンには数色の絵の具を混入し、完全に溶けきる前の複雑なマーブリング模様によるデザイン効果を狙って乾燥させて、表面を磨いて仕上げているのが特徴です。自然素材である木材とレジン樹脂の組み合わせがおりなす独特の模様は、まさにアートです。高価な一枚板と高品質なレジンに加えて加工には高い技術が要求されるため、数ある家具のなかでもハイクラスとして取り扱われています。一つとして同じものがないデザイン性の高さが魅力の、レジンテーブルですが歴史はまだ浅いアイテムです。海外では2018年頃から本格的に盛んに製作されるようになりましたが、日本国内では遅れて2019年以降からです。日本と世界とでタイムラグが出てしまったのは、国内で高品質なレジンを入手するのが難しかったからです。現在では国内にも高品質な素材が流通し問題は解消されました。

レジンテーブルに使われるのは2液性レジン

透明レジンには2種類あります。アクセサリー制作などで使用するUVで硬化するUVレジンと、主剤と硬化剤を混ぜ合わせその化学反応で硬化するエポキシ樹脂(2液性レジン)の2種類があります。レジンテーブルで使用されるレジンはエポキシ樹脂です。2液を混ぜて撹拌する事で起こる化学反応でゆっくり固めるので、UVレジンのようにUVライトにあてる必要がありません。UVレジンより透明度が高く、自然に硬化するため大きなものや着色して透明度がなくなった物でも硬化する事が出来ます。価格が安価なのも魅力で、レジンテーブルのように大きなものを制作するのにピッタリです。ただ、硬化するのに時間がかかり、天候にも少し左右されますが24時間ほど硬化するのに要します。また、主剤と硬化剤の計量を適当にすると硬化しないので注意が必要です。 エポキシレジンを使用する上で注意点があります。それは用量を守ることです。使用するエポキシ樹脂によって違いますが、化学反応で硬化させるので一気に作ろうと大量に2液を混ぜ合わせると発熱・発火する恐れがあります。また一度に流し込める量も決まっており、だいたい2~3センチずつしか流せません。なので厚みのある物を制作する場合は、「2センチずつ流して24時間かけて硬化させる」を繰り返すので完成させるのに時間を要します。エポキシ樹脂を使用する場合は、思わぬ事故を防ぐために用量を守ってお使いください。

レジンテーブルの製造工程を簡単に解説

木材とレジンを組み合わせて作成するレジンテーブルは海外で流行しており、日本でも少しずつ認知されつつあります。様々な顔を持つ木材と鉱石やガラスを思わせる色とりどりなレジンを組み合わせる事で、デザイン性にあふれた作品ができあがります。レジンテーブルを作成するには繊細な技術を必要とします。どのような製造法で製造されているのでしょうか。 レジンテーブルの製造工程は簡単に分けて4つです。まずは木材選びからです。選んだ木材のトリミングをします。次に、テーブルの形に合わせて型枠を作り、のちに型枠を外す時に外しやすくするためにコーティングを施しておきます。次は完成形をイメージしながら、型枠に木材をセットし固定してレジンを流し込みます。レジンは色々な色を作る事が可能で、流して固めるを繰り返すことでグラデーションを作ったりすることができます。最後にレジンがすべて固まったら型枠から外して表面を研磨して完成です。もちろん間にもっと細かな作業がたくさんあるのですが、大まかに言うとこのような流れで製造されています。

DIYでレジンテーブルを製作する際の注意点

自分でレジンテーブルを制作する際の注意点はいくつかあります。
まずは型枠に様々な対策を施すことです。
レジンは液体ですので型枠に隙間があれば漏れますし、硬化したら型枠にくっつきます。
なので、この二つの対策は必ずしておく必要があります。
制作環境にも注意が必要です。
エポキシ樹脂は硬化するまでにかなりの時間を要しますので埃やゴミのない環境が望ましいです。
エポキシ樹脂は主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用するのですが、比率通りに混ぜないと硬化不良を超します。
使用するエポキシ樹脂によりますが、一度に作れる量や型枠に流し込める量が決まっていますので、お使いのエポキシ樹脂の取り扱い説明書をよく読み、用量を守ってお使いください。
最後は研磨作業です。
研磨には形成・水研ぎ・コンパウンドとあるのですが、どの段階も粗いペーパーから徐々に細かいペーパに変えて作業をします。
ここで適当にするとレジンが曇った状態になるので気を付けてください。
この他にもレジンテーブルを制作する上で細かな注意点が沢山ありますので、作業に入る前に必ず下調べと対処法を確認する事が大事です。

レジンテーブルの価格を左右する要素とは

趣があって圧倒的なおしゃれ感を醸し出しているレジンテーブルですが、基本的には無垢材などの天然木を使用して作られているため、どこか繊細でありながらも優しい雰囲気を感じられる見た目になっていることが最大の魅力と言えます。
主に無垢板を並べていき、その間にエポキシ樹脂を流し込んで研磨して作り上げるのがレジンテーブルと言うのですが、同じようなデザインをしているにも関わらず、よく見ると価格に大きな違いがあることが分かると思います。
なぜ価格に違いが生まれるのかと言うと、どういった無垢材を使用しているかによってコストのかかり方が全く違ってくるからでしょう。
価格を左右する要素としては、高級な素材であるウォルナットを使用しているかどうかです。
ウォルナットは質が高くてかなり貴重な無垢板になるので、それをメインに使うとどうしても金額が通常よりも高くなってしまい、高額になると60万円から100万円以上する場合もあると言います。

レジンテーブルにはどのような木材が使われる?

レジンテーブルは、使用されている材料に大きな特徴があります。
レジンテーブルを作る時に使用されているのは、一枚板です。
天然の一枚板を使用してテーブルを作ることにより、木の持っている個性をそのまま生かすことができます。
美しい木目を持っている材料を使用すれば、見た目がきれいなテーブルを作ることもできます。
さまざまなタイプの材料を使用した一枚板が使用されていて、国産の木材が使用されることもあります。
レジンテーブルを作るための素材として使用しやすいのは、広葉樹です。
日本の多くの広葉樹が自生しているので、入手しやすいところも人気がある理由です。
ブナやケヤキなどが、日本でも広く使用されている広葉樹です。
こうした材料を使用して作られたテーブルも多く販売されています。
レジンテーブルは、外国から輸入された木材が材料として使用されることもあります。
こうした素材を使用してテーブルを作れば、価格の安い製品を作ることもできます。

レジンテーブルを購入する際は製作実績が豊富な販売店を選ぼう

「レジンテーブル」とは一般的に木材とレジンを組み合わせたテーブルのことを指します。
最近はハンドメイド作品を作る方も増え、名前を聞いたことがある方もいると思いますが、小物のアクセサリーを作ったりネイルに使用したりもします。
それらは木材に使用するレジンではなく、「UVレジン」と言ってUVライトを当てることで固めて使うものになります。
それほどに種類は様々で、木材に使用するレジンは「エポキシレジン」という2液性のものになります。
レジンテーブルに使用するレジンでも、様々な種類が使われており、性能は種類によって全く異なり、性能に応じて価格も大きく異なります。
そのため、ひとくちにレジンテーブルと言ってもいろんな種類があり、品質やデザインも全く異なるのです。
自然と高級感を併せ持つかっこよさが魅力なのですが、職人の製作実績によって仕上がりに差が出るのは否めません。
購入する場合は、製作実績が豊富な販売店を選びましょう。

レジンテーブルは割れてしまうことがある?

レジンテーブルは樹脂を用いていますので、衝撃やその他の原因によって割れてしまうことは、可能性としては当然あります。
しかしそういう変形とか破壊が他のテーブルに比べて起こりやすいかと言えば、決してそのようなことはありません。
レジンテーブルの樹脂は極めて強度が高いですので、むしろ普通の木のテーブルよりも物理的な力には強いことが多いです。
どのような素材であれ、耐久力を超えた力がかかれば壊れるわけで、普通のテーブルの使い方をしている限りはまず心配はないと言ってよいでしょう。
ただレジンの場合、物理的な力以外にも注意しておいたほうが良いものがあります。
それは熱で、化学樹脂であるレジンは熱によって変性しやすい性質を持ちますので、熱い鍋などをそのまま置くことは避けたほうが賢明です。
とはいっても木製であっても熱で焦げたりするわけで熱いものには鍋敷きを使ったりしますので、この点も別に特別なことではなく常識的使い方の範囲内と言えるかもしれません。

レジンテーブルは剥離することがあるので注意

レジンテーブルは樹脂でコーティングしたテーブルのことですが、これはその樹脂部分が剥離する可能性がありますので注意が必要です。
まともなメーカーのレジンテーブルであれば、通常の使用で簡単に剥がれたりするようなことはないというか、適切な素材を用いしっかりとした加工を行っていますのでさほど神経質になる必要はありませんが、価格の安さにひかれて低品質の製品を掴んでしまうこともあるかもしれません。
この他、まともな製品であっても使い方が適切でないと劣化を早めてしまうことは考えられます。
取り扱い説明書をしっかりと読んで使用するようにしてください。
一般的に言えば衝撃とか熱、あるいは酸やアルカリなどには気をつける必要があります。
重いものをうっかり上から落とすなどすれば、落としたものも壊れるかもしれませんがテーブルにも少なからぬダメージが行くことは避けられません。
火にかけた鍋をそのままテーブルに置くようなことも不適切です。

レジンテーブルの傷への耐久性はどれくらい?

レジンテーブルは、無垢材の板を使ってレジンという透明の樹脂を合わせて作ったテーブルです。
そのため樹脂部分の透明な箇所が、傷がつきやすいと言われ耐久性に不安を感じる人も多いです。
そのため傷をおそれて、テーブルクロスを使っている人もいますが、それだと折角の透明感のあるデザインを隠してしまうので設置する意味が無くなってしまいます。
そこでどの程度傷がつきやすいのかを、専門の販売サイトで行っている実験を参考に紹介します。
ボールペンなど紙に字を書くと、レジンテーブルの表面に傷がつくと言う意見がありますが、わざと力を入れて字を書かない限りは全く傷がつかないと書かれてます。
そこから読み取ると、通常の使い方をしていれば特に傷つく心配はないと想像できます。
重くて硬い鉄の塊を落とせば、流石に表面に傷はつきますが、ガラスのように割れて破片が飛び散る事が無く衝撃を全体で吸収して壊れにくいです。
物理的な衝撃には強いレジンテーブルですが、熱には弱く焼けた鉄棒を近づければ溶けてしまいます。
だけど200度程度の鍋を直置きしても問題なにので、余程高熱出ない限りは溶けません。
弱いのは陶器で舌がざらついた皿やマグカップで、何度も擦っているとひっかき傷はつきます。

レジンテーブルは紫外線で黄変するので直射日光が当たらない場所に置くのが基本

レジン(樹脂)は、時間経過とともに黄変と呼ばれる黄色に変色する現象が起こります。
レジンテーブルに使われるエポキシ樹脂は黄変が起こりにくいため、比較的長期間にわたって透明度が維持されますが、全く起こらないわけではありません。
黄色に変色してしまう主なとしては、安価なエポキシ樹脂の使用、劣化した硬化剤の使用、主剤と硬化剤の配合ミスなどが挙げられますが、レジンテーブルを使用する上で注意したいのが紫外線です。
太陽光に含まれる紫外線はレジンを黄色に変色させる大きな要因となるので、レジンテーブルを購入した際は直射日光が当たらない場所に設置することをおすすめします。
どうしても直射日光が当たる場所に置きたいという場合は、レースカーテンなどを使って太陽光を遮ると良いでしょう。
また、蛍光灯などの照明器具からも紫外線が照射されていますが、気にするほどの照射量ではありません。
どうしても気になる場合は、紫外線がほとんど含まれないLED照明を導入すると良いでしょう。

レジンテーブルは熱で変色してしまう?

木製のテーブルに熱いコップを置いたら白い輪染みが出来ることがあります。
あれは木材のコーティングとして塗られているニスやラッカーなどが反応して起こるものなのですが、お気に入りのテーブルに輪染みを作るのは避けたい所です。
では、レジンテーブルはどうでしょうか。
熱いコップや熱湯をこぼしたらどうなるのでしょうか。
答えを先に言いますと熱い物を置いても大丈夫です。
レジンテーブルで使われているレジンは、エポキシ樹脂(2液性レジン)と言って主剤と硬化剤を混ぜ合わせて固めるタイプのレジンです。
よくアクセサリー制作に使われるUVレジンとは異なります。
一般的なエポキシ樹脂の耐性温度は90℃から120℃です。
レジンテーブルに良く使われるエポキシ樹脂は高耐熱の物が多く、熱々のコップや熱湯をこぼしても変色はしません。
余談ですが、熱で心配なのは変色ではなく軟化です。
真夏の直射日光が長時間当たる環境にレジンテーブルを置いているとレジンの部分が柔らかくなってしまいます。
温度が下がればまた固まるのですが、変形の原因となりますので注意が必要です。
お気に入りの家具は大切にできるだけ長く使いたいものです。
安心して使用するために購入したショップやメーカーに色々と疑問点は聞いてみるのも良いと思います。

レジンテーブルを長持ちさせるためのメンテナンス方法

樹脂によってコーティングが施されているレジンテーブルは、定期的に手入れをしなければ樹脂にヒビが入ってしまったり、シミができる可能性もあるので注意が必要です。
普段は乾いた布で表面を軽く拭くだけでも十分ですが、2ヵ月に1回ほどの頻度でオイルクリームを塗ることは忘れないでください。
どのオイルクリームでも良いわけではなく、木専用と書かれているものでなければ樹脂が剥がれてしまったり、表面に傷が入る可能性もあります。
レジンテーブルの表面にオイルクリームを塗布することで、水分や油分などが木材の内側に入り込むのを防げて、テーブルを長く使い続けることが可能です。
乾いた布に小さじ1杯ほどのオイルクリームをかけてから、均等に伸びるように塗布することを意識してください。
メンテナンス方法を間違えたり、手入れする回数が減るとレジンテーブルの寿命も短くなるので注意が必要です。
常に直射日光に当たるような使い方をせずに、木材の日焼けを防ぐことも重要です。

レジンテーブルに関する情報サイト
レジンテーブルの基礎知識

このサイトでは初めてレジンテーブルの購入を検討している方にむけて、商品選びの時に活用できる基礎知識を色々なコンテンツを通して御紹介しています。高価な一枚いたにとレジン樹脂を組み合わせて仕上げた見た目は、宝石と見まがうほどの輝きを放ちます。リアルに目にする機会が少ないかもしれませんが、実際にどこで購入できるのかについても、触れています。材料自体は自力で調達可能ですが、DIYで製作できるのかも解説しています。

Search